ゴルフの基本を動画で解説:スムーズにバックスイングをするためのグリップ

〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町5-45-614

ゴルフの基本を動画で解説:スムーズにバックスイングをするためのグリップ


皆さん一度は経験したことがあるかと思います。バックスイングがどうもスムーズに回っていかない。又どうも始動が上手く出来ない、バックスイングの途中で窮屈な感じがする、などです。こうしたことは上級者にも起こりえることです。特に苦手としているクラブ (例えばフェアウエーウッドなどによくありがちですね)を持ってショットに入ろうとしたときにもよく起こる事です。このような場合には、グリップの握り方をチェックしてみるといいです。

ビデオに出てくるように右手の親指が伸び切った状態だと、左右の両肘が平行な形でアドレスすることが困難になります。またアドレス時に右の前腕上部に力が入るため、これもスムーズにバックスイングをさせて くれません。

つまり、バックスイングでは右に回転していこうとしている時に、それを邪魔するような右腕の形を作ってはいけないのです。

それから、左右の手のどちらか一方の手に力を集中して握る事も危険です。例えば、よく左手の小指、薬指、中指はしっかりと握るとよく言われています。これは全く正しいことなのですが、左手を重視して強く握るために、右手がとてもルーズになる可能性があります。 右手にも大切な中指と薬指があり、その二本指がグリップにしっかりと掛かっていないと、バックスイングではシャフトがインサイドに寝てしまう恐れがあります。そして右手があまりにもルーズだと右人差し指と親指にも締まりがなくなり、知らないあいだ に右手だけがフックグリップになっている可能性も大です。

この場合も先ほどと同様にシャフトが寝てバックスイングに入ってしまうことになり、フックに入っている右手のせいで、インパクトでは手を返してしまうこととなってフックボールやチーピンボールが出てしまうこともあり得ます。 左手も右手もバランスのいいグリッププレッシャーをかけて握ることができた時にスムーズにバックスイングに入る事が可能になります。

再びビデオに出てくる右手親指を引いて自分の体側によせる、という事ですが、親指が伸びた悪いグリップをしてる方がそれを行う事で、スイングの始動がとても簡単に感じられます。 またアドレスの時は小鳥を握るくらいの柔らかいグリッ プをしていて、肩の力も入っていないいい構えだなあと思っていてもクラブが動き始めるやいなや、腕と手に力が入ってしまうような方がおられます。このような方もバックスイングには違和感を感じているでしょう。そんな場合は、アドレスで締まっている両脇の締まり具合をキープして右へ回転していくことをお勧めします。スムーズにバックスイングするためには、グリップと胸との距離を出来るだけ保つことが重要なのです。


宝塚ゴルフアカデミーTOPページに戻る


メインレッスン会場

西宮名塩ゴルフセンター
〒669-1141
西宮市塩瀬町名塩4999-1
JR宝塚線西宮名塩駅より車で3分
生瀬1の交差点より5つ目の信号を左折

その他のレッスン会場


お問い合わせ窓口

チャンピオンズ K
代表:木村 佐知
〒665-0844
兵庫県宝塚市武庫川町5-45-614
E-mail:take.go-v.2002@ezweb.ne.jp
木村コーチ直通 :090- 3625-7005