ゴルフの基本を動画で解説:グリップの基本

〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町5-45-614

ゴルフの基本を動画で解説:グリップの基本


グリップは身体とクラブをつなぐ唯一の接点であり、正しいスイングをするにはとても大切なところです。

グリップの握り方には三通りあって、オーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップ、ベースボールグリップの三つです。それぞれ右手の小指のかかるところが違うだけで、その人にあった握り方をお勧めします。一般的にはオーバーラッピンググリップが多数を占めますが、最近ではインターロッキンググリップの割合が増えるけいこうにあります。

私個人的にはオーバーラッピンググリップよりもインターロッキンググリップの方が、左右の手に一体感が生まれる気がします。デメリットとしては、バックスイングで力んでしまう方にありがちなのですが、右 手の小指に痛みが発生してしまうことです。トップオブスイングに達した際、右手小指と左手の人差し指がずれてしまい、右手の小指が湾曲して痛みを伴うケースです。

トップオブスイングの時に生じるこのズレは良くありません。力みすぎといえばそれまでなのですが、ビデオで紹介した左右の手の一体化が崩れてしまっているのです。右手の平の生命線に合わせた左手の親指を動かしてしまうためにトップオブスイングで力みが発生します。手の上げ過ぎから起こることなのです。一般的にオーバースイングと言われているものです。

次にベースボールグリップですが、非力な女性にはお勧めします。スイング中に肘が曲がってしまうかたには有効です。男子プロゴルファーにもこのベースボール グリップで優勝している選手がいます。この握り方は右手に力が入るというデメリットがありますが、右手のひらの生命線が左手親指からズレることなくスイングすればなんら問題はありません。

次にアドレス時、両手の人差し指と親指にできるV字ですが、このV字は左右平行になっていることが好ましいでしょう。基本的にはこのV字は右の肩を向いていればスクエアな状態です。練習中にフックボールやひっかけが出た時にはV字の向きを右肩から右の鎖骨に向きを変えるだけでみると、ストレートボールに近づきます。またスライスボールで悩んでいる方には、左手のV字を右肩よりもさらに右寄りに向けてグリップすることで解消されます。

ビデオ動画では、左右の手の一体感の重 要性」を述べていますが、この一体感こそ手の力みを取る大きなポイントなのです。

バックスイングで上半身に力が入る方は、スローなテンポをキープして、左手親指と右手のひらの生命線をずらさない気持ちを持ってください。そうすれば普段よりもコンパクトでかつ小さなトップオブスイングにたどり着くことに気がつきます。この場所が最も効率のいいベストなトップオブスイングということに気がつくはずです。

最後にグリップの握る強さです。たとえで小鳥を握る程度の強さ、または歯磨き粉のチューブを握るくらいの強さがいいとの表現が使われています。

アマチュアでドライバーが曲がる人の多くは、アドレス時からかなり強い力でグリップしているのです。昔から左手の小指 、薬指、中指の三本はしっかりと握ると言われております。これは間違いではないのですが、この三本指を強調しすぎて、ひだりの肘や左の肩にまで力が入っています。

こうなると、スムーズにバックスイングスイングするタイミングがつかみにくくなるます。アドレスを取ってみたら一度肘と肩をリラックスしてみましょう。


宝塚ゴルフアカデミーTOPページに戻る


メインレッスン会場

西宮名塩ゴルフセンター
〒669-1141
西宮市塩瀬町名塩4999-1
JR宝塚線西宮名塩駅より車で3分
生瀬1の交差点より5つ目の信号を左折

その他のレッスン会場


お問い合わせ窓口

チャンピオンズ K
代表:木村 佐知
〒665-0844
兵庫県宝塚市武庫川町5-45-614
E-mail:take.go-v.2002@ezweb.ne.jp
木村コーチ直通 :090- 3625-7005